九州の地質調査なら明大工業(土木工事・3次元計測)

0977-24-1212 お問い合わせ

新着情報

2018年4月5日木曜日

平成30年度 安全衛生管理方針

本日の「安全衛生委員会」にて、平成30年度安全衛生管理方針が決定しました。
この管理方針は、前年度の安全衛生パトロール結果で指摘された内容を集計・分析し、工事部及び調査部の「安全重点事項」を設定しています。

この方針を大分労働局に提出し、「経営トップの所信表明」に掲載してもらっています。
また、当社の全ての工事現場における『建設現場2項目重点取組』にも登録しています。

工事部

調査部


2018年4月2日月曜日

平成30年度『健康経営事業所』認定

平成30年度、昨年に引き続き、健康経営事業所として認定証が交付されました。
今年も社員の健康づくりに、なお一層取り組みます。
第1弾として、7日土曜日に「ウォーキング大会」を開催します。

平成30年度_認定証

ウォーキングコース
追記:ウォーキングの後のバーベキュー大会が楽しみです。飲み過ぎないように。

新年度社内集会と入社式

2日、新年度社内集会と入社式を開催。
まず、社長から平成29年度の結果報告と社員への労いの言葉、平成30年度への抱負がありました。
続いて、新年度の新入社員の紹介。
大分県東部振興局日出水利耕地事務所長で退官された照山氏が社長から紹介され、挨拶された。
社長からの紹介では、とても勤勉家でいろいろな分野のRCCMを取得、さらに3月には農業土木部門の技術士を取得したとのこと。すごいですね。
当社の業務にあたり、いろいろと指導してもらえる強い味方です。
これから当社のために、頑張ってください。よろしくお願いします。

社長挨拶
照山氏挨拶
追記:7日土曜日は、平成29年度の『ご苦労さん会』と『平成30年度の頑張ろう会』でウォーキング大会とバーベキュー大会を開催します。天気が良ければいいのですが・・・・・

2018年3月22日木曜日

綿田スマイルウォーク

21日春分の日、綿田地区において、『第100回記念 綿田地区復旧応援!スマイルウォーク』が開催された。
当社は現地で地すべり対策工事を施工していることもあり、協力参加。
豊後大野市長や県会議員も参加し、雨の中、開催され、雨にも関わらず、100人ほどが参加した。
綿田ライスセンターを9時出発し、枝折の池までの往復。途中、現在地すべり対策を施工している隣接道路をウォーク。最後にもちつき、抽選会があり、12時で閉会。

実行委員長あいさつ




この100回記念のスマイルウォーク開催にあたり、当社が協力したことから、感謝状を頂いた。ありがとうございます。

ちらし

感謝状

当社社員、感謝状受理



2018年3月17日土曜日

大型工事 完成

3月工期で大型工事が終わりました。そのうちの2件について紹介します。

まずは、国交省大分河川国道事務所発注の天瀬地区の法面工事です。
現在、国道210号のバイパスとして市ノ村トンネルが施工されていますが、現在使用されている現道沿いの急崖部の落石防止対策工事でした。

着工前

伐採後

完 成
次は、別府市内の境川で緊急対策として別府土木事務所から発注された砂防ダム建設工事です。安部組とJVで完成させた工事です。動画もありますのでご覧ください。

上流側から望む

下流側から望む



2018年3月14日水曜日

おおいた灯りのサポーター

平成26年7月から開始された『おおいた灯りのサポーター』の更新を3月に行いました。
この活動は、企業・団体からの寄付金を道路照明灯の維持管理費等に活用するものであり、寄付した企業・団体をサポーターとして大分県と協定書を締結します。
協定を結ぶと団体名を記載したシールが道路照明灯に設置されます。
当社のシールは、別府駅前の道路照明灯に設置されています。
申込は、道路照明灯の管轄の土木事務所となっています。
ご賛同し、地域貢献して頂ける企業・団体様は申し込んでください。

駅前の道路照明灯

当社の表示シール




2018年3月9日金曜日

おもてなし規格認証2018

3月9日、経済産業省創設の『おもてなし規格認証』を更新しました。
昨年4月28日に登録認証を受け、2年目にはいりました。
サービス品質を「見える化」し、地域経済の活性化を図る目的で制定された制度です。
「おもてなし規格」の定義は、顧客・従業員・社会(地域)の満足を高め、発展させ続けるプロセスであり、次の4つが定義されています。
 (1)「お客様」の期待を元に、共に価値を創ること
 (2)「従業員」の意欲と能力を引き出すこと
 (3)地域・社会と共生していくこと
 (4)継続・発展してくこと
この定義のもとに、当社は紅認証を受けています。



2018年3月5日月曜日

土木学会西部支部 研究発表会

3月3日、宮崎大学にて土木学会西部支部研究発表会が開催された。
当社から、吉松課長、吉村技師長が参加し、発表を行った。
『断裂による分断が起因となる斜面崩壊』というタイトルで大分県西部振興局の技術担当者と共著で吉松課長が発表を行った。
発表時間が10分間という短さでなかなか時間内で聴講者に内容を伝えるのに苦労したようです。質問も「断裂、分断」という語句に着目され、断層との違いについて質問がありました。
短い時間での発表ご苦労様でした。



追記:今回の研究発表会では、当社の8月の技術発表会で毎年コラボしている大分高専の学生さんの発表も非常に多かったですね。ドボジョ、頑張れ。




2018年2月28日水曜日

健康経営優良法人2018認定

20日、経済産業省が薦める「健康経営優良法人」で日本健康会議により、
 『健康経営優良法人2018』として、
大規模法人部門で541法人、中小規模法人部門で775法人が認定されました。

当社も昨年に引き続き、認定を受けました。昨年は県内企業4社が認定を受けて
いましたが、今年は3社となりました。

今後も、当社のスローガン『よい仕事 まずは健康管理から』で、健康な体作り、
顧客から信頼される仕事をするよう努力します。



なお、県内で2年連続は当社を含め2社でした。

2018年2月19日月曜日

平成30年『安全宣言』

大分労働基準監督署管内では、県内の土木工事業、道路貨物運送業、第三次産業に属する事業所に経営トップ自らが『安全宣言』をして自らが実践することにより労働災害を防止する目的で、平成28年から運動を実施しています。
当社も昨年11月に「安全宣言実施報告書」を提出し、2月19日、ホルトホール大分で『安全宣言運動』確認証書の交付式がありました。178事業所がこの交付式に参加。
今年も無事故・無災害を目指します。

 当社は、『墜落・転落・転倒災害防止及び健康経営活動』を推進することを、平成30年における「安全宣言」としています。