九州の地質調査なら明大工業(土木工事・3次元計測)

0977-24-1212 お問い合わせ

新着情報

2017年3月15日水曜日

建設産業の魅力動画でPR 若い世代の就労促進

大分県では、建設産業の担い手確保・育成を目的としたPR動画を公開しました。
土木建築に携わる20業種を取り上げ、それぞれの仕事の魅力を伝える内容。
テレビCMとウェブで流し、若い世代の就労促進につなげたい考え。
動画のコンセプトは「3K(汚い、きつい、給料が安い)のイメージ払拭(ふっしょく)」と「若い世代に響く格好良さ」。測量、鉄筋工、型枠工、のり面工などの業種ごとに現場で働く人を主人公にしている。
いずれの動画にも共通フレーズとして
  「BUILD OITA」
  「次の大分をつくるのは、君だ」
が入っています。
テレビでのCMは、夏ごろからの放送を予定しているようです。ウェブ用は14日からユーチューブで公開を始めました。

この中で、当社の本業である『のり面工事』が紹介されています。
当社の協力会社の”イケメン”職長が出演し、当社が施工した別府一の宮線、南立石の現場がバックに流れています。
皆さん、ご覧あれ(^O^)

動画を見たい方は、下記のアドレスへ(^^♪

【土木編】
http://www.pref.oita.jp/site/n-kennsetsugyou/n-prdoboku.html
【建築編】
http://www.pref.oita.jp/site/n-kennsetsugyou/n-prkenchiku.html











2017年2月14日火曜日

平成29年 『安全宣言』

2月14日、ホルトホール大分において、

「安全宣言確認証書」の交付式が行われました。

昨年に続き、第2回となる交付式です。

当社の安全宣言は、

  『転落・墜落災害防止 及び 健康経営 活動』の推進

です。今年1年間、無事故・無災害で頑張ります。

皆さん、ご安全に。

確認証書 「安全宣言」加筆

追伸:今年は、案内があってすぐ労基署に提出しましたが、

   受付番号が№15。

   確認証書が№18、一致しない。なしか?



2017年2月3日金曜日

『歩いて健康NO.1決定戦』の授賞式

2月3日、当社の会議室において、

『歩いて健康No.1決定戦』の授賞式がありました。

東部保健所長から、3位入賞の賞状と賞金が渡されました。

一昨年、昨年に続く受賞ですが、

3連覇は達成できませんでした。

ざんね~~~ん<`ヘ´>

今回は、2チーム(各チーム5人)で3か月間、

毎日、1万歩目指して歩き、イベントにも参加。

でも、「ofmit」チームが3位、「明大歩き隊」チームが8位でした。

県全体で138チーム、1,066人が参加。

その中での受賞、そして2チームともベストテン入りです。

頑張ったですよね。

平均歩数では、8位の「明大歩き隊」チームが2位で14,821歩、

3位のチームが4位で14,237歩。

賞状も賞金もありませんが、頑張りました。

ちなみに平均歩数の1位は15,380歩(総合12位)でした。

来年度も入賞目指して頑張ります。

3位

8位
表彰状受賞

ofmitメンバー(一人現場で欠席)
左から2人目は東部保健所長
賞状と賞金

2017年1月25日水曜日

健康経営事業所連絡会

1月25日、社会教育総合センター第2セミナー室にて、

平成28年度地域・職域連携推進事業・健康経営事業所連絡会が開催された。

参加者は、役所関係者、実践企業から30名弱が参加。

まず、主催者の大分県東部保健所の内田所長から開会挨拶と講演が行われ、



続いて、きら労働衛生コンサルタント事務所の吉良氏が、

「健康診断結果に基づく健康管理」と題して講話があり、



最後に、当社の総務部の女子事務員による実践報告がされた。

題目は、「健康診断結果を活用した健康づくりの取組」




講演終了後、3グループに分かれ、意見交換会が行われた。


講演趣旨は.......

高齢化と人手不足、各企業の平均年齢も上昇し、社員の健康づくりが

重要となっています。

そこで、企業が実施している健康診断結果を利用した健康経営が求められ、

「どうアプローチをしていったらいいのか」、吉良氏の講話と当社の実践報告でした。

20年後には、55~64歳の労働者の占める割合が最も多くなるとのことです。

そのためにも、企業の取組みが重要ですが、やはり「自分の健康は自分で守る」

でしょう(?_?)

当社のスローガン 『良い仕事 まずは健康管理から』

実践しましょう。







2016年10月28日金曜日

平成28年度 第23回技術講演会

10月28日、ビーコンプラザ3F国際会議場にて、

当社の会長が理事長を務める大分県地質調査業協会主催の『第23回技術講演会』が

開催された。

理事長、来賓挨拶後、次の3講演が行われた。

理事長が、「これまでは、建設のための地質調査であったが、今後は防災・減災の観点から

我々の技術を活かしていかなければならない」と挨拶。

講演内容は次のとおり。

 講演① 国土交通省九州地方整備局大分河川国道事務所 所長 久田 成昭
       「平成28年熊本・大分地震に対する国土交通省の取組み」

 講演② OBS大分放送 アナウンサー 石川 正史
       「熊本・大分地震の現状」-私たちができること-

 講演③ 熊本大学大学院先端科学研究部 熊本地震地盤災害調査団 幹事長
                           准教授 椋木 俊文
       「地盤工学から見た熊本地震」-問題解決と今後の課題設定-

タイムリーな話題で、それぞれの取組み、地震と地質・土質の関係がよくわかりましたね。

質問も活発に行われました。

大分建設新聞記事


来賓挨拶

講演①

久田所長

講演② 石川アナウンサー
講演③
椋木准教授


       

2016年10月18日火曜日

★優秀健康経営事業所知事顕彰★

10月18日、iichiko総合文化センターの音の泉ホールで開催された

『健康寿命日本一おおいた推進フォーラム』で、

優秀健康経営事業所として知事顕彰を受けました。

これからも、優秀事業所として、

    当社のスローガン  『よい仕事 まずは健康管理から』

を継続していきます。

表彰式

表彰状

このフォーラムでは、

「目指せ!健康寿命日本一おおいた」ロゴマークとキャッチコピーが発表され、

製作者の表彰。

ロゴマーク


   キャッチコピー 『いつまででん たべち あるいち 笑おうえ』



広瀬知事の日本一を目指す意気込み演説、

  『減塩マイナス3g、野菜摂取350g、歩数プラス1,500歩』



最後に東北大学の辻教授が 「”健康寿命”延伸の実現」 という内容で特別講演を行った。

開催前には、うま塩の試食品提供、うま塩タコライスの先行販売があり、堪能させてもらいました。


PS:司会は、岩崎 朋美ちゃん! 司会、うまくてかわいかったですね)^o^(



PS2:

フォーラム冒頭にオープニングセレモニーで別府大学の学生さんによる

「育ドル娘ダンスステージ」



最後に会場のお客さんを交えてのエクササイズ


2016年9月29日木曜日

平成28年度農林水産部優良工事 東部振興局長表彰を受賞

9月29日、平成28年度農林水産部優良工事 東部振興局長表彰を受賞しました。

受賞現場は、『H27東局予防第1号鍛冶屋地区治山工事』

担当した現場代理人さん、おめでとうございます。また、ご苦労様でした。

引続き、表彰を受けられるよう、頑張ってください。


表彰式

表彰者集合写真

表彰状


着工前

完成写真